「CVPR2023-速報-」ResearchPortトップカンファレンス定点観測 vol.9

2023年6月14日 11時52分 公開

本記事3行要約:

● CVPR2023で今年も過去最多2,357件の論文が採択された
● 日本人研究者の発表件数も過去最多の60件(のべ115名)
● 最多出現キーワードではTransformerを抑え[Diffusion model]が一位


トップカンファレンス定点観測シリーズ vol.9、「CVPR」の第3弾です。

これまでResearchPortでは、コンピュータビジョン分野で最高峰の会議であるCVPR(IEEE/CVF Conference on Computer Vision and Pattern Recognition)における論文投稿数の増加とそれに伴う盛況感について2021年・2022年版を記事にしてきました。

*参照:
「CVPR」ResearchPortトップカンファレンス定点観測 vol.1
「CVPR2022」ResearchPortトップカンファレンス定点観測 vol.3

今年も、例年通り6月に開催されます。
以前より最多論文数がどんどん更新されており、日本からの発表も多数あります。そこで、速報記事*1として統計情報をまとめてみました。

CVPR2023 開催概要
▶ 開催期間: 18-22 Jun., 2023
▶ 開催都市: Vancouver, CANADA
▶ 公式HP:  https://cvpr2023.thecvf.com/

*1 2023年6月14日時点

■CVPR2023総括

CVPR2023でも、投稿数・採択数ともに過去最高数を更新しております。細かい点は前回記事で触れているため、早速本題に入りたいと思います。これまでの数字含めて以下の表1・図1に示しております。

Year Conference #papers #orals #submissions acceptance rate oral acceptance rate Venue
1996 CVPR 137 73 551 39.93% 13.25% San Francisco,CA
1997 CVPR 173 62 544 40.44% 11.40% San juan,Puerto Rico
1998 CVPR 139 42 453 48.57% 9.27% Santa Barbara,CA
1999 CVPR 192 73 503 43.74% 14.51% Fort Collins,CO
2000 CVPR 220 66 466 47.21% 14.16% Hilton Head,SC
2001 CVPR 273 78 920 29.67% 8.48% Kauai,HI
2002 CVPR
2003 CVPR 209 60 905 23.09% 6.63% Madison,WI
2004 CVPR 260 54 873 29.78% 6.19% Washington,DC
2005 CVPR 326 75 1,160 28.10% 6.47% San Diego,CA
2006 CVPR 318 54 1,131 28.12% 4.77% New York,NY
2007 CVPR 353 60 1,250 28.24% 4.80% Minneapolis,MN
2008 CVPR 508 64 1,593 31.89% 4.02% Anchorage,AK
2009 CVPR 384 61 1,464 26.23% 4.17% Miami,FL
2010 CVPR 462 78 1,724 26.80% 4.52% San Francisco,CA
2011 CVPR 436 59 1,677 26.00% 3.52% Colorado Springs,CO
2012 CVPR 463 48 1,933 23.95% 2.48% Providence
2013 CVPR 471 60 1,798 26.20% 3.34% Portland,OR
2014 CVPR 540 104 1,807 29.88% 5.76% Columbus,OH
2015 CVPR 602 71 2,123 28.36% 3.34% Boston,MA
2016 CVPR 643 83 2,145 29.98% 3.87% Las Vegas,NV
2017 CVPR 783 71 2,680 29.22% 2.65% Hawaii,HW
2018 CVPR 979 70 3,359 29.15% 2.08% Salt Lake City,UT
2019 CVPR 1,294 288 5,160 25.08% 5.58% Long Beach,CA
2020 CVPR 1,466 335 5,865 25.00% 5.71% Seattle,WA
2021 CVPR 1,660 295 7,015 23.66% 4.21% Nashville,TN
2022 CVPR 2063 342 8,161 25.28% 4.19% New Orleans, LA
2023 CVPR 2,357 247 9,155 25.75% 2.70% Vancouver, Canada

表1 CVPR論文投稿数および採択率

* 2023年のoralはhighlightsとaward candidateの合算件数です。
* 出典:https://cvpr2023.thecvf.com/Conferences/2023/AcceptedPapers
 

図1 CVPR統計推移

CVPR2023では、9,155件の論文が投稿され、2,357件*2の論文が採択されました。採択率は25.75%です。この内、247件がspotlightですので、spotlight採択率は2.70%となっています。
相変わらず査読者にとっては大変かと思いますが、順調にコミュニティが成長・拡大していることが窺えます。

*2 websiteでは2,359件と書かれていますが、proceedingsでは2,357件でしたので取り下げ等があったと判断し2,357件としています。

■日本人研究者の活躍

昨年と同様に、日本人著者の比率も調べておりますので、結果を表2に示します。
例年と大きな変化は見られませんでした。

開催年 論文数 著者数 平均著者数 日本人
著者数
日本人
著者比率
日本人著者数
を含む論文
日本人著者が
絡む論文比率
2014 540 1,881 3.48 45 2.39% 26 4.81%
2015 602 2,207 3.67 33 1.50% 20 3.32%
2016 643 2,487 3.87 46 1.85% 22 3.42%
2017 783 3,185 4.07 61 1.92% 29 3.70%
2018 979 4,214 4.30 93 2.21% 38 3.88%
2019 1,294 5,863 4.53 86 1.47% 40 3.09%
2020 1,466 6,970 4.75 68 0.98% 41 2.80%
2021 1,660 8,087 4.87 70 0.87% 42 2.53%
2022 2,074 10,874 5.24 107 0.98% 52 2.51%
2023 2,357 12,722 5.40 115 0.90% 60 2.55%

表2 CVPR投稿論文全体の著者数に占める日本人比率の推移

CVPR2023 個人別採択件数
著者 採択数
Yuta Nakashima
4
Yoichi Sato
3
Yasutaka Furukawa
3
Taku Komura
3
Mayu Otani
3
Imari Sato
3
Yusuke Hirota
2
Taiki Sekii
2
Shunsuke Saito
2
Shohei Nobuhara
2
Ryo Hachiuma
2
Naoto Inoue
2
Masayoshi Tomizuka
2
Kuniaki Saito
2
Kotaro Kikuchi
2
Kota Yamaguchi
2
Hirokatsu Kataoka
2
Hajime Nagahara
2
Fumiaki Sato
2
Yuya Yoshikawa
1
Yuto Shibata
1
Yutaro Shigeto
1
Yutaka Kawashima
1
Yuta Asano
1
Yusuke Yoshiyasu
1
Yusuke Sekikawa
1
Yusaku Yoshida
1
Yuki MAsano
1
Yu Takagi
1
Yu Sawai
1
Yoshimitsu Aoki
1
Yoshiki Fukao
1
Yasuyuki Matsushita
1
Yasumasa Onoe
1
Towaki Takikawa
1
Tomoki Ichikawa
1
Tetsuya Sakai
1
Takumi Kobayashi
1
Takuhiro Kaneko
1
Takeshi Ohashi
1
Takehiro Aoshima
1
Takashi Matsubara
1
Takashi Isobe
1
Takahiro Okabe
1
Takaaki Shiratori
1
Taiga Yoshida
1
Sora Takashima
1
Shun Iwase
1
Shogo Sato
1
Shinji Nishimoto
1
Shingo Ando
1
Satoshi Tsutsui
1
Satoshi Kondo
1
Satoshi Ikehata
1
Ryuhei Hamaguchi
1
Ryosuke Ishigami
1
Ryo Hayamizu
1
Rio Yokota
1
Riku Togashi
1
Osamu Yoshie
1
Norimasa Kobori
1
Nakamasa Inoue
1
Mitsuru Nakazawa
1
Masaki Onishi
1
Masakazu Yoshimura
1
Mariko Isogawa
1
Koichiro Niinuma
1
Ko Nishino
1
Kenta Niwa
1
Kenji Iwata
1
Ken Sakurada
1
Keisuke Tateno
1
Kanako Harada
1
Junji Otsuka
1
Jun Shimamura
1
Jun Nagata
1
Jien Kato
1
Hiroaki Santo
1
Hideki Nakayama
1
Hideaki Takahashi
1
Go Irie
1
Fumiya Matsuzawa
1
Fumio Okura
1
Fumihiro Kano
1
Atsushi Irie
1
Akisato Kimura
1
Akira Suzuki
1
Akikazu Takeuchi
1
Akihiro Sugimoto
1

図2 日本人研究者ごとのCVPR2023での発表件数

論文出現キーワードの推移

最後に、論文タイトルに含まれるキーワードの比率も、昨年同様調べてみました。
特筆すべき点としては、“Diffusion”が2022年に一位だったTransformerを抜いており、昨今の生成AIを支える技術として研究分野でも盛んに扱われていることが分かります。

2021 2022 2023
UnSupervised 4.70% Transformer 6.32% Diffusion 4.62%
Object Detection 4.58% Object Detection 4.58% Transformer 4.41%
Self Supervised 3.19% Self Supervised 3.71% Object Detection 4.28%
Adversarial 2.89% Semantic Segmentation 3.04% Semantic Segmentation 3.22%
Semantic Segmentation 2.35% Attention 2.84% Self Supervised 3.01%
Attention 2.23% Adversarial 2.84% Point Cloud 2.59%
Domain Adaptation 2.23% UnSupervised 2.60% Adversarial 2.54%
Few Shot 2.23% Few Shot 2.36% UnSupervised 2.46%
Semi Supervised 2.11% Semi Supervised 2.03% Attention 2.08%
Point Cloud 1.99% Weakly Supervised 1.98% Semi Supervised 1.95%
Representation Learning 1.75% Contrastive Learning 1.98% Few Shot 1.91%
Re Identification 1.63% Point Cloud 1.93% Weakly Supervised 1.65%
Weakly Supervised 1.63% Sparse 1.74% Representation Learning 1.57%
End to End 1.45% Representation Learning 1.69% Zero Shot 1.53%
Instance Segmentation 1.39% End to End 1.64% Pre Training 1.44%
Cross Modal 1.27% Cross Modal 1.25% Sparse 1.44%
Wild 1.21% Pre Training 1.25% Contrastive Learning 1.27%
Disentangl 1.21% Wild 1.21% Cross Modal 1.10%
Super Resolution 1.15% Domain Adaptation 1.16% Multi Modal 1.06%
3D 1.08% 3D 1.11% 3D 1.02%
Object Tracking 1.08% Instance Segmentation 1.06% Domain Adaptation 0.98%
Sparse 1.02% Re Identification 1.01% Super Resolution 0.98%
Transformer 0.90% Zero Shot 1.01% Instance Segmentation 0.89%
Contrastive Learning 0.90% Disentangl 1.01% Action Recognition 0.85%
Face Recognition 0.84% Multi Modal 1.01% Wild 0.85%
Pre Training 0.72% Knowledge Distillation 0.96% Disentangl 0.80%
Captioning 0.66% Captioning 0.82% Knowledge Distillation 0.80%
Action Recognition 0.66% Incremental Learning 0.82% Image Generation 0.76%
Spatio Temporal 0.66% Image Generation 0.77% Continual Learning 0.72%
Zero Shot 0.60% Action Recognition 0.77% Pretraining 0.72%
Style Transfer 0.60% Federated Learning 0.72% Federated Learning 0.64%
One Shot 0.60% Object Tracking 0.72% Captioning 0.59%
Incremental Learning 0.54% Diffusion 0.68% End to End 0.59%
Boosting 0.63% Re Identification 0.59%
3D Reconstruction 0.53% 3D Reconstruction 0.55%
Question Answer 0.53% Boosting 0.55%
Continual Learning 0.53% Domain Generalization 0.51%
Super Resolution 0.53% Image Classification 0.51%
Video 0.51%

表3 論文出現キーワード推移(2021-2023年)

*2020年以前の出現キーワードについては過去の記事にまとめております。
 ご興味があれば「CVPR2022」観測レポートをご確認ください。
「CVPR2022」ResearchPortトップカンファレンス定点観測 vol.3
 

注)キーワード取得のアルゴリズムに一部バグがあり、再度統計を出し修正いたしました。一部順位の入替や比率の変動がございます(2023.6.23更新)。

まとめ

今回は、CVPR2023開始前の予習的な意味合いで統計情報を先行してまとめ公開いたしました(2023年6月14日現在)。来週より始まるCVPR2023に現地・オンラインで参加される方の参考になれば嬉しい限りです。
 

 
次回CVPR2024は、以下日程で開催される予定です。(2024/1/5追記)

CVPR2024 開催概要
▶ 開催日程: 17(mon) – 21(fri) Jun., 2024
▶ 開催都市: Seattle, WA
▶ 公式HP:  https://cvpr.thecvf.com/Conferences/2024
 

● ResearchPortメンバーシップ募集:
https://research-p.com/mailform/
ResearchPortでは、研究者・技術者の方の研究事業開発サポートやキャリアサポートサービスを提供しております。ご興味がある方はResearchPortメンバーシップへご登録下さい。

 
編集:ResearchPort事業部

■Contact

本記事に関する質問や、ご意見・ご要望などがございましたらResearchPortまでお問い合わせください。
https://research-p.com/contactform/

関連記事