【開催報告】cvpaper.challenge Conference winter 2023FY

2024年1月25日 16時40分 公開

 
cvpaper.challengeは,2024/1/24(水)に第6回 cvpaper.challenge Conference winter 2023FY [CCCwinter2023FY]を開催いたしました.

招待講演では,小塚和紀氏(Panasonic)にご登壇いただき「Panasonic AIの海外大学連携について」というテーマで講演いただきました.
続くパネルディスカッションでは,小塚氏に加えて,柴田剛志氏(NEC)・石井雅人氏(ソニーリサーチ)・井上直人氏(CyberAgent)と,CCC初の全員が企業所属の研究者という布陣で議論を行いました.現場の最前線で奮闘されているからこその意見が飛び交い,貴重なクロストークになったのではないでしょうか.

後半では,AC2023から厳選記事を3本ピックアップし,その著者より記事では触れられなかった点や,研究の裏側などをお話いただきました.
 

cvpaper.challenge Conference (CCC)は,Computer Vision の分野動向調査,国際発展に関して議論を行うcvpaper.challenge が主催するシンポジウムです.
次回は2024年夏を予定しておりますので,楽しみにお待ちください.

同時に,cvpaper.challengeでは一緒に研究する仲間を募集しています!
ご興味ある方・話だけでも聞いてみたいなどご要望がございましたら,お気軽にアプローチしてください.ご連絡お待ちしております.

▶ cvpaper.challenge Rcruit(メンバー募集)についてはこちらをご確認ください.

 
過去に開催した内容は以下リンクよりご確認いただけます.
・第1回 CCCsummer2021[2021年8月開催]
・第2回 CCCwinter2021[2021年12月開催]
・第3回 CCCsummer2022[2022年7月開催]
・第4回 CCCwinter2022[2022年12月開催]
・第5回 MIRUチュートリアル×CCC Summer 2023[2023年7月開催]
 

■開催概要

 
cvpaper.challenge Conference winter 2023FY (CCCwinter2023FY)

●主催:cvpaper.challenge [General Chair 大谷豪 氏、Program Chair 大塚大地 氏]
●協力:ResearchPort

日程 2024年1月24日(水) 13:30~17:00
形式 YouTube Live配信/質疑応答用にslackも併用
対象者 どなたでも参加可能(要事前登録)

*参加登録いただいた方に,「zoomリンク」を送付いたします.まずはお申込みフォームより必要事項入力の上ご登録ください.


■当日のプログラム

time program
13:30〜13:40 オープニング
13:40〜14:40
  • 招待講演1
  • タイトル:「Panasonic AIの海外大学連携について」

講演概要:

パナソニックグループでは,実世界の幅広い事業領域において,くらしの課題を解決する革新的な製品やサービスを生み出すために人工知能技術の研究開発・社会実装に取り組んでいる.
本講演では,Panasonic AIの研究体制,特に海外大学(Stanford/UC Berkeley)との連携体制について紹介するとともに,国際会議ICCV/ECCVで主催しているワークショップ(CAMP workshop)や昨年12月にNeurIPSで発表したマルチモーダル基盤モデルHIPIEについても紹介する.

14:40〜14:45 入れ替え (5分)
14:45〜15:50
  • パネルディスカッション
  • テーマ「AI業界における海外企業と日本企業の未来 -日本企業のあるべき姿-」
  • 小塚 和紀 氏
  • (Panasonic)
  • 柴田 剛志 氏
  • (NEC)
  • 石井 雅人 氏
  • (株式会社ソニーリサーチ)
15:50〜16:00 休憩 (10分)
16:00〜17:00
  • アドベントカレンダー連動企画

企画概要:

2023年のcvpaper.challengeの活動を振り返るべく、cvpaper.challengeの中でも恒例となりつつあるアドベントカレンダーに関する企画を行う。本企画では、「研究コミュニティ cvpaper.challenge ~CV分野の今を映し,トレンドを創り出す~」をテーマに開催されたAdvent Calendar 2023の中から3つの記事をピックアップして紹介する。これらの記事を通じて、2023年に年間30本以上のトップカンファレンス投稿を実現した研究の裏側や工夫などを共有する。

16:00〜16:20
  • 1人目
  • タイトル:「ロボティクス基盤モデルメタサーベイ、ARTでの研究紹介、robotpaper.challengeの話」
  • 元田 智大 氏
  • (産業技術総合研究所 オートメーション研究チーム)
16:20〜16:40
  • 2人目
  • タイトル:「BMVC2023に採択された話」
  • 田所 龍 氏
  • (東北大学/産業技術総合研究所)
16:40〜17:00
  • 3人目
  • タイトル:「First Authorに俺はなるっ!! IROS’23」
17:00〜17:10 クロージング

■お問い合わせ

本カンファレンスに関するお問い合わせは,CCCwinter2023FY運営委員会(ResearchPort内)までお願いいたします.
https://research-p.com/contactform/
 

関連記事