セミナー開催報告「2022年卒AI学生向け メーカー最先端研究とAIの産業応用」

2021年5月15日 11時00分 公開

【参加者数】
延べ389名のAI関連研究を行う大学院生にご参加いただきました!

ResearchPortでは、2020年6月~2020年11月で全10回にわたり、メーカーでのAI応用を紹介する業界研究セミナーを開催いたしました。

本企画では、情報系・数理系・物理系をはじめとしたAI周辺技術を学ぶ大学院生を対象に、日本を代表するメーカー各社の研究者・エンジニア様から、AIの産業応用事例をご紹介いただきました。
各回3社の企業様と40名程の学生がご参加くださり、グループに分かれて相互理解を深めるコミュニケーションを行いました。企業様がそれぞれの業界におけるAIの応用展開例を紹介し、学生の皆さまが研究領域を活かしたキャリアイメージを持つために有益な機会となりました。

今後ともResearchPortでは、世界をより良くするイノベーションに貢献し、先端技術分野における日本のプレゼンス向上、研究者のチャレンジ成功を実現させるための後方支援を行ってまいります。


■本セミナーにご参加いただいた企業様(一部紹介、順不同):

 旭化成(株)、住友電気工業(株)、大日本印刷(株)、(株)村田製作所、(株)東芝、積水化学工業(株)、
 ダイキン工業(株)、BEMAC(株)、京セラドキュメントソリューションズ(株)、(株)島津製作所、
 大阪ガス(株)、(株)小松製作所、(株)明電舎、オリンパス(株)、スズキ(株)、古河電気工業(株)、
 (一財)材料科学技術振興財団、東洋エンジニアリング(株)、昭和電工(株)、三井化学(株)


■各社様のAI周辺トピック例

 〇大阪ガス様の事例:全国電源運用シミュレーションモデルを活用した電力市場分析
   https://www.osakagas.co.jp/company/efforts/rd/topic/1289602_45128.html
 〇BEMAC様の事例:次世代船舶支援ソリューション 「 MaSSA-One 」
   https://www.massa-one.com/index.html
 〇東芝様の事例:CPSテクノロジーがこれからの社会課題を解決していく
   https://www.global.toshiba/jp/cps/corporate.html
 〇大日本印刷様の事例:スマートファクトリーの実現を支える位置検出マーク「DXマーカ」
   https://www.dnp.co.jp/media/detail/10158771_1563.html


■本件に関する問い合わせ

 株式会社ユースコミュニケーションズ ResearchPort事業部
 info@research-p.com